債務整理の種類は?

債務整理は、次のような種類があります。

 

「任意整理」は、最も手続きが簡単な債務整理です。他に、「特定調停」「民事再生」があり、最も重い債務整理となるのが「自己破産」です。

 

債務整理をする場合は、弁護士や司法書士に相談して、どの債務整理の方法を選ぶのがよいかについて、専門家としての意見を詳しく聞くべきでしょう。

 

安易に「自己破産」を望む人もいますが、借り入れ金額と収入や資産の状況を見て、返済できる見込みがある場合に、自己破産を勧める弁護士や司法書士はおりません。自分に不利な判断にならないためにも、専門家との相談は重要です。

 

債務整理の手続きを始めますと、取り立てが一旦すべて止まります。もっとも、全ての金融業者が、債務整理の手続きにすぐに応じてくれるわけではありません。

裁判によって手続きが進められていく場合もあります。そうなりますと、専門的な知識のない個人では対応が大変難しくなりますので、弁護士や司法書士に依頼することが望ましいでしょう。

 

専門家に相談をすると、過払い金が見つかり、場合によっては借り入れが全部帳消しになることもあります。また、債権者が違法な闇金である場合は、支払いの必要がなくなることもあります。

 

そういう意味でも、専門家に相談することで、自分の置かれている状況を明確にすることには、大きな意味があると言えます。迷うことなく、相談に行きましょう。

関連ページ

債務整理についての基本
債務整理についての基本をご紹介します。銀行や消費者金融からの多額の借り入れで多重債務者になってしまった場合は、債務整理がオススメです。この債務整理の基本についてお教えしますので、参考にしてください。
債務整理にはどんなメリットがあるのか?
債務整理にはどんなメリットがあるのかを教えたいと思います。債務整理を利用される方の、ほぼ全員が借金で苦しんでいます。最大のメリットは借金がなくなる事です。それ以外にもいくつかありますので参考にしてください。
債務整理のデメリットは?
債務整理のデメリットについてご紹介します。債務整理には多数のメリットがあるのですが、デメリットはどのくらいあるのか気になる方は多いと思います。今回はこのデメリットに関して詳しく掲載しています。