債務整理のデメリットは?

債務整理を行うことで、返済の見込みのなくなった借金の問題を解決することができるという、大きなメリットがありますが、デメリットが存在することも、また事実です。

 

最も大きなデメリットは、社会的信用を失ってしまうという事です。社会的信用がなくなりますと、銀行や郵便局で、新しい口座の開設ができなくなります。た、クレジットカードを新しく作ることも不可能になります。

 

一部の資格取得や就業についても、制限がかかります。弁護士や司法書士、行政書士、警備員といった職業に就くことができなくなるのです。

 

そうした制限は、債務整理の種類によって、期間などが変わってきますが、銀行からの新たな借り入れについては、無期限に不可能になると考えておくべきでしょう。

債務整理を行う前から保有していた銀行口座やクレジットカードについては、そのまま使用できることもありますが、クレジットカードの返済を延滞している場合には、債務整理を取り入れた場合、使用ができなくなる場合もあります。

 

また、債務整理を取り入れて、弁護士や司法書士に依頼しますと、その費用がかかります。その費用の用意ができないと考えて、債務整理の手続きを諦めてしまう人も多いようです。

 

債務整理の手続きを取り入れる場合、その種類によっても、さまざまなメリット、デメリットがありますので、よく調べてから、手続きを行っていきましょう。

関連ページ

債務整理についての基本
債務整理についての基本をご紹介します。銀行や消費者金融からの多額の借り入れで多重債務者になってしまった場合は、債務整理がオススメです。この債務整理の基本についてお教えしますので、参考にしてください。
債務整理の種類は?
債務整理の種類について気になる方は多いのではないでしょうか?債務整理と一言で言ってもその種類には複数あります。自分の借金の情報を認識した上で、自分に合っている方法で債務整理をしましょう。
債務整理にはどんなメリットがあるのか?
債務整理にはどんなメリットがあるのかを教えたいと思います。債務整理を利用される方の、ほぼ全員が借金で苦しんでいます。最大のメリットは借金がなくなる事です。それ以外にもいくつかありますので参考にしてください。